FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットでよく言われている代表的なクレジットカード現金化の方法 

ネットでよく言われている代表的なクレジットカード現金化の方法

1・新幹線の回数券を購入し転売する方法
この方法が実行できればダントツに換金率は高いです。
例えば、新幹線回数券5万円分購入で金券屋に97%で買い取ってもらった場合、4万8500円になります。
しかし、カード会社も新幹線回数券購入に関しては最近厳しくなっているため、カード利用停止のリスクがあります。
特に厳しいのがアメックス、ダイナース、JCB全般、三井住友VISA、TSカード、CITIカード、銀行系が発行するカード全般です。
キャッシング枠の残高がない方の回数券購入や、お住まいの住所と異なる区間の購入(明らかに乗車目的でないと判断される)はかなり危険です。
信用・属性の高い方の購入でも1区間当たり幾らまでと規制が掛かっていることが多くなっています。
(あくまで回数券に限った話です。旅行などで普通券を購入するのは全く問題がありませんので心配ありません。)

2・ブランド物の購入、転売
ブランド物の購入、転売を使ったカード現金化方法は昔からあり比較的安心です。
その理由は、換金目的で利用される方より、純粋にブランド物がほしい方の利用が圧倒的に多いからです。
カードの使用・利用履歴にもよりますが、不自然な買い方をしない限り、カード会社に発覚することはまずありません。
ただし、最近は買い取り価格自体が下落していて換金率が低い事がデメリットです。一昔前まではルイヴィトン等の新作は85%で買い取りされていたようですが、昨今の不況で消費者の購買欲が低下しているせいか、現在では80%以下で取引しているようです。

3・カード現金化業者の利用
最近、急激にカード現金化業者の数が増えてきています。
総量規制によって新たな借り入れができない方のカード現金化の需要が高まっています。
カード現金化業者のサイトで商品を購入して、その商品に対してキャッシュバックを行うか、その商品を買い取るのが主な方法です。
この場合、カード会社的には普通の商品購入と捉えられブランド物の購入と同等に安全ではありますが、頻繁に同じ業者サイトのみで決済が行われていると怪しまれるので注意が必要です。
現金化業者の利用での換金率は、ネットでは80%以上を謳っている業者もありますが、実際には手数料などが引かれて換金率80%を切る業者がほとんどです。
上記の方法のどの方法が適しているかは自分自身で判断してください。
するかしないかも自己責任ですので、あくまで参考までに。

カード現金化・金券購入に甘めのカード会社は、以下の紹介文で暴露中!
>>借金ランキング

【関連記事】
>>新幹線回数券などの金券類の購入に厳しいカード会社
>>クレジットカード現金化急増 取り締まりはできないのか?
>>クレジットカード現金化に厳しいカード会社
>>クレジットカードで回数券換金のクチコミ
>>クレジットカードで換金性の高いものを買う時の鉄則
>>クレジットカード現金化業者を利用する時の注意点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。