FC2ブログ








クレジットカード現金化の換金率について 

クレジットカード現金化業者は、95%で客にやるのが損益分岐点。だから、90%でも儲かるわけだな。

私のお店の詳細な損益分岐点は企業秘密の観点から詳細にはお話できないのですが・・・
クレジットカード現金化業者で、質屋・古物商型だと95%だと赤字が出ると思います。
キャッシュバック業者は送料・人件費を除いて93%前後で分岐すると思います。
自店舗で切らせる業者の分岐点は95%でしょう。
よって、自店舗>キャッシュバック>質・古物の順に損益分岐点の面で強いと思われます。
自店舗型は信販会社に払う手数料(3~5%程度)と店舗維持費程度。
キャッシュバック型は信販会社(E-コレクト使えば佐川急便)の手数料とクズ商品代、店舗維持費、送料、振り込み手数料等です。
質屋・古物型は、売れ残った場合のリスクを考えると・・・ 確実に売れる商品のみを購入させたとしても、95%で分岐させるのは至難の業かと思います。
※回数券等は多用できないでしょうし、電化製品等は掛け率の面で見劣りするらしいです。

クレジットカード現金化に厳しいカード会社

カード現金化甘めのカード会社は、以下の紹介文で暴露中!
>>借金ランキング

回数券を買った時の確認電話について 

■確認電話ってどれくらいの金額使ったらカード会社からかかってくるの?後かかるとしたら、使用後どれくらいの日数?

電話確認は高額決済の場合売り場でその場すぐ。というケースを聞いたことがあります。
カードを提示→売り場でカード会社・信販会社と会話するように求められる。という流れです。
大体10万円を超えるラインが分かれ目というのが定説だそうです。

また買った後日の確認電話は、カード会社・信販会社によりけりのようです。
大体、「何月何日に、何をお求めになられたか覚えてらっしゃいますか?」のように、 買った品物、大体の金額、本人が決済したかの確認を後日聞かれる場合が多いとの事です。 (第三者による不正利用・与信状態が過度に悪化する等、カード会社・信販会社に疑われた場合のようです)
詳しい日時はケースバイケースなので分かりかねますが、JCB・セゾンは厳しいとの噂です。 (プロパーカードに限る。イオン+JCB等の提携カードは除きます)

クレジットカード現金化に厳しいカード会社

カード現金化甘めのカード会社は、以下の紹介文で暴露中!
>>借金ランキング

自分でカード現金化、手間か金か? 

■現金化業者なんて微塵も使う気に なれんなあ。95%くらいならどうやっても余裕で、もっと上も狙えるのにわざわざ業者通してリスクを上げて低い換金率で換金 するのはありえない。 問題は時間があるかないかってところじゃないでしょうか? 時間があるなら自分でせこせこと日数かけて出来るけど、 急な場合は難しいよね。 調べたりする時間も必要だし。

知識が無い、あっても手間を惜しむ、時間を惜しむ。
カード現金化業者を利用する人は、このどれかに該当する場合が多いかも知れません。 セルフでやる場合でも90%を下回るのは稀かと思います。

ただ、手間と金とどっちが惜しいかを考えると…人それぞれでしょうか。
「代行料みたいなものだから、やむを得ない。」と納得している方もいるかもしれません。
個人的にはやはり手間よりも金を惜しむべきだと思いますが・・・

>>クレジットカード現金化に厳しいカード会社

カード現金化甘めのカード会社は、以下の紹介文で暴露中!
>>借金ランキング

自分でカードの現金化する場合の注意点 

■自分でカードの現金化する場合、PS3を一台とゲーム一個とかってやはりマークされるもんなのですか? 回数券も1回くらいなら大丈夫ですよね? 逆にゲームソフト沢山・・・とかは怪しくないですか?
二枚違う会社のカードがあって、一枚づつ同じ商品を買ったとしたら、 (例えばPS3とか新幹線回数券とか) やっぱり怪しまれるんですかね。 カード会社同士、情報は繋がっているものなのかな。。 あと、ショッピング枠もキャッシング枠もけっこう使用していて、 いきなり更新停止とかってあるんでしょうか? 全然支払いとか遅れた事ない場合。。 それは考えると恐い事だなぁと。


PC1台とPS1台、ソフト2~3本程度なら問題はないと思います。
が、PC2台だとか、PS2台、ソフト10本だと・・・ 電話承認(販売店に信販会社から電話確認が入る場合)があった時にまずいかもしれません。 10万以下ならまず電話承認が入ることはない、というのが定説です。
やはり高額だと信販会社も慎重になるらしいです…利用者の実績次第らしいですが。
セゾンは高額な電化製品を、信用がない人が買おうとした場合厳しいという「噂」です。
もう一つの方は信販会社の社員ではないので内情は分かりかねますが・・・
店員には怪しまれると思います。
避けた方がよいのは、「日専連・DC・VISA」と「日専連・JCB」 このように同じ会社のカードを分けて使うのは宜しくないかと個人的には思います。 必要性がない物をわざわざどうして分けるの?と思われないためにも避けた方が無難でしょう。 系列の違うカード会社が共有しているのは信用情報程度かと思いますので、 買った物までは分からないのではないでしょうか。
ただ、残債額(残っている支払わねばならない額)はばれます。 S枠・C枠を使っていても、更新停止は信販会社の判断次第になってしまいます。 規約にあるでしょう?で終わってしまいます。
支払いが遅れていない、他にもやましいことがない限りたぶん大丈夫です。 信販会社からしてみればC枠を使ってくれて滞納しないのは上得意様なので、 信用情報を汚さない限り、そこまで恐れる心配はないかと思います。

>>クレジットカード現金化に厳しいカード会社

カード現金化甘めのカード会社は、以下の紹介文で暴露中!
>>借金ランキング

ショッピング枠現金化業者だけど質問ある?(5) 

■「加盟店としてのブラックリスト」ってなんですか!?そこで買い物をしたら、 カード会社から連絡がくるってことですか? 現金化の比較サイトとかいうやつで、「トラスト」ってとこも載ってたと思うのですが、 そこに載っていたとしても、「加盟店としてのブラックリスト」だったってことですか?

信販会社(クレカ会社)は現金化業者は大嫌いです。 そこ(1加盟店)で買い物をしたお客が次々支払い不能に陥る。 若しくは堂々と現金化を謳っている等すると信販会社から目を付けられます。
そこを利用したお客さんは(特に後者を使って、与信状況が良くない場合)連帯責任?で目を付けられる可能性があります。

業者が、自分の店でカードを切らせるシステムの場所は避けた方が賢明です。 利用した加盟店情報はカード会社に行きますし、目を付けられている加盟店で多額の利用があると・・・ 100%アウトかどうかはカード会社の判断ですが、リスクは可能な限り避けた方が無難かと思われます。

>>クレジットカード現金化に厳しいカード会社

カード現金化甘めのカード会社は、以下の紹介文で暴露中!
>>借金ランキング

【関連記事】
ショッピング枠現金化業者だけど質問ある?(1)
ショッピング枠現金化業者だけど質問ある?(2)
ショッピング枠現金化業者だけど質問ある?(3)
ショッピング枠現金化業者だけど質問ある?(4)